建築材料研究室

建築物の部位性能を確保する

現代の建築物に対しては安全性、快適性、耐久性などの確保について、多様な要求があります。これらの性能の確保は床、壁および屋根などの建築物の部位、そして部位を構成する建築材料が支えています。当研究室では、建築材料、建築物の部位の性能を如何にして評価するか、どのようにすれば性能が向上するかを研究することにより、住空間、社会空間の質の向上をめざしています。
建築材料研究室左:建築物の劣化調査状況 右:人の感覚と建材の物理量の対応
建築学部建築学科(AP・SA・UAコース)
担当教員
古賀 純子
所属学会日本建築学会/日本建築仕上学会
キーワード建築材料、建築仕上材料、性能評価

学べる分野

​建築材料学、維持保全工学、住居学

社会のために

​​建築物における劣化調査結果や建築物部位を再現した試験を用いた実験結果などの研究を通して、建築物の安全性、快適性、耐久性のさらなる向上をめざしています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室