持続可能な都市・地域研究室

工学と社会科学の融合で、持続可能な地域をめざす

優れた技術やシステムは、地域の持続可能な発展や人々の幸福につながります。しかし、技術やシステムは、人々や社会に受け入れられて初めて意味を持ちます。そのため、本研究室では、工学と社会科学を融合させた視点から、再生可能エネルギーやリサイクルシステム、低炭素型の都市計画などを「持続可能性」という軸で定量的に評価したり、環境と調和した技術・システムを普及させるための手法を考えています。
持続可能な都市地域研究室
建築学部建築学科 ※工学部:共通学群/理工学研究科 : 建設工学専攻/地域環境システム専攻
担当教員
栗島 英明
所属学会日本地理学会/土木学会/環境科学会
キーワードサスティナブル、都市計画、地域コミュニティ、循環型社会、環境負荷

学べる分野

持続性科学(新)、環境学(新)、都市計画(新)、人文地理学(新)、環境工学

社会のために

当研究室で開発した持続可能な地域の評価指標や手法、持続可能に寄与する技術やシステムの評価成果などは、国や地方自治体の政策に取り入れられています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室