耐震工学研究室

地震に対して安全な建物って何だろう 地震に強い街作りに貢献したい

「地震、雷、火事、親父」、昔の人はこの世の恐るべきものの一つに地震をあげています。世界有数の地震国である日本では、大きな被害をもたらす地震が特に恐れられてきました。最近では、国内でも数年に一度の頻度で被害をもたらす地震が発生していますが、地震に対して安全な建物とはどの様なものでしょうか。本研究室では、建物の地震に対する安全性を構造実験やシミュレーション解析によって検討しています。
耐震工学研究室1995年兵庫県南部地震で倒壊した建物
建築学部建築学科(APコース)・建築学科(SAコース)・建築学科(UAコース)
担当教員
隈澤 文俊
所属学会日本建築学会/日本地震工学会/日本コンクリート工学会
キーワード安心、安全、耐震構造、建築構造、地震、防災、超高層ビル、免震、シミュレーション、数値解析、構造力学

学べる分野

​●耐震工学
●建築構造学
●鉄筋コンクリート構造学

社会のために

​地震国日本において、どんな地震が起きても人が亡くならないような強い街を作り上げることは究極の目標です。その目標に向けて、少しでも役立てればと考えています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室