遺贈による寄付制度

遺贈とは遺言書を作成し、財産を特定の人や団体に贈る(寄付する)ことをいい、この遺言による制度で、財産の一部または全ての受取人に芝浦工業大学を指定することができます。
本学への遺贈によりご寄付いただいた財産は、相続税の非課税財産になります。

遺贈による寄付の流れ

〇遺贈による寄付制度
※1.遺言書作成に関する提携銀行へのご相談は無料ですが、遺言書の作成、保管、執行などにつきましては、提携銀行所定の手数料・報酬が必要になります。詳細は提携銀行にお問い合わせください。

●ご寄付の活用について
 ご意志にしたがい、ご寄付は学校法人芝浦工業大学の教育研究活動に大切に活用させていただきます。
●寄付者顕彰について
遺贈をはじめとする本学への寄付の累計額が百万円以上に達しますと「学校法人芝浦工業大学名誉賛助員」の対象となります。
●不動産等、現金以外での寄付の取扱について
教育研究に資することを目的とした利用が見込めない場合、維持管理において懸念が生じる可能性がある場合等、お受けできない場合がございます。売却し、現金での遺贈をご検討ください。

お問い合わせ芝浦工業大学
財務課
〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス7階)
TEL 03-6722-2920 / FAX 03-6722-2921
E-mail zaimu@ow.shibaura-it.ac.jp