非常時の心得

大規模地震が発生した場合

授業中の場合

構内放送により警戒宣言が発令されたことをお知らせします。
地震に関する情報や指示の伝達はすべて構内放送もしくは教職員が行います。 
芝浦工業大学災害時指定避難場所
大宮キャンパス
(さいたま市)
芝浦工業大学大宮キャンパス総合グラウンド
豊洲キャンパス
(東京都江東区)
豊洲キャンパスは「地区内残留地区」として震災時火災の危険性が少なく、広域避難場所に避難する必要がない地区に指定されていますが、緊急避難の必要が生じた場合、教職員の誘導に従ってください。
芝浦キャンパス
(東京都港区)
芝浦キャンパスは「地区内残留地区」として震災時火災の危険性が少なく、広域避難場所に避難する必要がない地区に指定されていますが、緊急避難の必要が生じた場合、教職員の誘導に従ってください。
帰省先などで被害にあった場合には可能な範囲で各キャンパス学生課に連絡してください。

授業時間以外に発生した場合

大地震対応マニュアル

火災時の対応

普段から、非常口・非常階段・消化器・消火栓、非常脱出装置などの一を確認してください。火災を発見したら、非常ベルを押し、初期消火に努めてください。なお、火災避難などについては下記の通りとなります。 その他、台風などの自然現象により、急遽、休講などの措置をとる場合は、Webサイトにてお知らせします。

大規模地震および発生が予想されるときの措置

※「地震防災対策強化地域判定会」が招集され「警戒宣言」が発令された時点で休講とします。

授業中の場合

授業時間以外に発生した場合

荒天や鉄道の運行状況による休講措置

午前6時までに解決しなかった場合 学部・大学院授業の1、2限を休講
午前9時までに解決しなかった場合 学部・大学院授業の全時限を休講