カリキュラム

製品の操作性や機器·ロボットの 振る舞いのデザインを学ぶ

​情報サービスの企画、ユーザインタフェース設計、プログラミング、ソフトウェア設計、 ロボティクス、 人工知能などを相互の関連性を理解したうえで学びます。銀行 ATM の画面表示から、スマートフォン、 ロボットまで情報が関わる産業分野で活躍する人材を育成します。

1年次 学科共通の基礎科目を学ぶ

●主な科目
線形代数 1・2 /微積分学 1・2 /微分方程式/基 礎力学/情報表現基礎演習/総合導入演習(学術・ 情報)/デザイン工学入門/デザイン工学演習/デ ザイン基礎表現演習/ものづくり概論/デザイン史

2年次 めざす方向別の履修モデルに沿って学ぶ

●主な科目
キャリアプラン/ベクトル解析/造形論/色彩論/ 情報デザイン論/インターフェースデザイン/プログ ラミング/ UX デザイン/オブジェクト指向プログラ ミング/行動分析ユーザモデル/ロボット製作演習

3年次 演習を中心に、さらなる専門知識の修得をめざす

●主な科目
キャリア・デザイン/マーケティング/人間工学/情報 アーキテクチャ概論/プロジェクト演習/信号処理 /要求工学/人工知能/ソフトウェア設計論/情報 ネットワーク/ロボティクス

4年次 研究室に所属して卒業研究を行う

授業紹介

ロボティクス①
情報表現基礎演習
情報表現の基礎となる、観察力、問題発見力、構成力、造形力を培います。紙、スケッチブック、鉛筆、ペン、コピック等を用いた基礎課題やフィールド調査、デジタル画像処理を学びます。
ロボティクス②
インターフェースデザイン
認知科学的視点から人を、テクノロジーの進化から機器を、またそれらを結びつける対話や表現を学ぶことで、トータルな商品デザインとして機器のインターフェースデザインを学びます。
ロボティクス③
プロジェクト演習
課題を自ら提起し解決策を考案します。調査、分析、企画からUIデザイン、宣伝・販売方法をトータルに学びます。また、ロボティクス、Linux、データベース設計などを実践的に学びます(写真は電子部品の買い出しの様子)。


学生の声

Q この学科を選んだ理由と学科の魅力は?
高校生のときに学んだプログラミングがとても楽しく、さらにスキルアップしたいと希望。また、プログラミング技術を最大限に活用するために、情報とデザインも同時に修得したいと考えました。絵を描くのが苦手だった私ですが、今ではアイデア出しから実制作まで全て一人で行えるようになりました。自分自身の成長も実感しています。

Q 将来の目標は?

卒業後は、デザインを考えるうえで欠かせない「課題解決能力」を活かして、コンサルティング業務に従事するのが目標です。
高橋侑大高橋 侑大
デザイン工学科 ロボティクス・情報デザイン系 1年
私立 杉並学院高等学校 出身
Q この学科を選んだ理由と学科の魅力は?
ロボットを専門にし、1年次からハードウェアとソフトウェアの両方を学べる学科を探していました。入学前に研究室の先生からお話を聞く機会があり、その熱意に心を動かされたのも理由の一つです。

Q 印象に残っている授業は?
3年次に、「スーパーの品出しロボット」を設計するグループワークがありました。どんな店舗かを想定し、ロボットにはどんな機能が必要なのか。さまざまなアイデアが議論される中、チームをまとめるマネジメント力も試され、自分の役割を見つめるきっかけにもなりました。
澤虹之介澤 虹之介
デザイン工学科 エンジニアリングデザイン領域
(現 ロボティクス・情報デザイン系)卒業
ソフトウェアデザイン研究室
学校法人芝浦工業大学 就職
私立 芝浦工業大学附属高等学校 出身

研究テーマ例

利用者の好みや思考にマッチしたインタフェースのデザイン
ユーザーエクスペリエンスデザイン研究室:吉武 良治 教授
スマホアプリや銀行ATM、駅のサイネージやサインなど、あらゆるものがデザイン対象です。人間工学実験や心理・物理計測、視線計測などに基づいて、よりわかりやすく、心地よい使用感の製品やインタフェースをデザインします。
利用者の好みや思考にマッチしたインタフェースのデザイン1視線の動きからメンタルモデル構築度合い等の指標を提案し、使いやすさをデザインします
利用者の好みや思考にマッチしたインタフェースのデザイン2公共機器や情報機器のタッチインタフェースを人間工学的な分析に基づいてデザインします

海外との活動事例

異文化体験によるデザインワークショップ
感性インタラクションデザイン研究室 × タイ/プリンス・オブ・ソンクラー大学
タイのPrince of Songkla University, Phuket CampusのFaculty of Technology and Environmentとデザイン工学部が行うグローバルPBLで、「Universal Design with IT」というテーマで認識を共有する時間を持ちました。
異文化体験によるデザインワークショップ110月の派遣グローバルPBLのPSUキャンパスでの集合写真
異文化体験によるデザインワークショップ2各グループの調査結果とそれを踏まえた課題設定についての中間発表