デザイン工学部
Engineering and Design
受賞・表彰

歴史の伝承と新しい知の創造
デザイン工学部は、社会が求める「あるべき姿(当為)を構築する設計科学技術」を身につけ、工学的知識と技術を基礎として、人間の感性および社会との調和・融合を図り創造的ものづくり能力、すなわちものづくり全体を表現するための1)認識力、2)構想力、3)計画力、4)意匠・設計力というデザイン能力を有し、卒業要件を満たしたものに学位を授与します。

学修・教育目標

●技術と人間・社会・自然との関連について幅広い知識を身につけ、地球的視点・歴史的視点をふまえながら多面的に物事を考えることができる。
●技術が世界と社会、自然に及ぼす影響や効果、そして社会に対して負っている責任を理解し、技術者として高い倫理観に基づき行動できる。
●社会的要請や利用者からの要望を理解し、関係する人々とのコミュニケーションを図りながらチームで仕事ができる。
●専門領域の知識・技術を修得して意匠力・設計力を身につけ、これらをものづくりの場で応用して問題を解決できる。
デザイン工学部 学修・教育目標

デザイン工学部の特長

デザイン工学部には2つの学問領域(系)がありますが、授業体系は共通で、両系の科目を取ることができます。これはデザインという広い学問分野を貫く共通的な能力を養成するためです。また、実践的な専門知識が獲得できるよう、豊富な演習科目が用意されています。1年次からは人間と社会を理解するための「共通教養科目」を学ぶとともに、「デザイン基礎表現演習」などによりデザインの基礎を体験します。1年次後期は、4つの演習から2つを選択履修し、必ず複数の演習を体験します。これにより、自分に向いた専門分野を見出すことができます。2年次からは、デザイン工学の基礎知識を修得するため「共通基礎科目」を学び、より本格的な演習を履修します。3年次を中心として、専門性を高めるための「専門科目」を学びます。本学部の特徴的な科目の一つである「プロジェクト演習」では高度な実践力を身につけます。4年次は、総合プロジェクト(卒業研究)に取りくみます。このようなカリキュラムによって、力のある学生ならば4年間で複数の専門を極めることも可能です。

デザイン工学部は時代の要請です

21世紀の高度技術社会では、技術者が直面する問題はますます複雑になり、1つの技術、1つの手法のみで解決されることはありません。むしろさまざまな価値観と多くの人々の英知を統合することによって、初めて解決の糸口がつかめるようになります。デザイン工学部の教育は、ものづくりのうえで必要となる専門教育と、これらを横断し総合的な視点で捉える共通教育を柔軟に調和させることを試みています。専門性を高め、深さを指向した教育を大切にしながら、社会を支える工学基礎や幅広い知識と視野を重視した教育をめざします。「デザイン」をキーワードとして2つの系を置き、これらを融合させた教育を通して、社会的・産業的な幅広い視点からのデザイン能力を身につけ、消費者・利用者の側からものづくりを見つめ、それを具体的な形に表現できる能力を備えた技術者を養成します。

教育研究上の目的・理念・ポリシー

すべて開く
教育研究上の目的
デザイン工学部は、ディプロマ・ポリシーに掲げる目標を達成するため、工学と人間の感性および社会との調和・融合を図り、創造的なものづくり能力を素養にもつ、実践的な人材を育成 するため、次のように科目を編成しています。幅広い工学の素養や技術を身につけるため、共 通教養科目と共通基礎科目を置きます。また、コンセプトが明確になっていない段階からアイ ディアを生み出し、リーダーシップをもって個々の要求を整理・統合化し、ものづくりができるようになるための専門科目を置きます。これらの科目を講義、演習、実験、実習により体系 的に編成します。学生の主体的・能動的な学修・研究を促す教育方法を実施し、その学修成果 を多面的に評価し、学生の振り返りを促すことにより、教育目標を達成します。

1.共通教養科目 人間・社会を理解するための科目から構成。人文系科目を低学年次、社会科学系科目を高 学年次に配当。
2.共通基礎科目 工学の基礎知識を修得するためのサイエンス科目とエンジニアリング科目から構成。 低学年次に集中配置。
3.専門科目 デザイン工学の体系を構成する主要な専門科目を厳選して配置。
4.総合プロジェクト 卒業研究(論文・製作・制作など)
教育理念
芝浦工業大学は、伝統の地である芝浦キャンパスにデザイン工学部を2009年に開設し、工学と人間の感性および社会との調和・融合を図り、創造的なものづくり能力を素養に持つ、実践的な人材の育成をめざします。

21世紀の社会と産業では、幅広い工学の素養や技術をバックグラウンドに持ち、同時に人の感性に応えるものづくりができる人材、つまり、現状把握から問題の発見、解決のためのアイデアを生み出し、リーダーシップをもって個々の要求を整理・統合化し、ものづくりができる能力が必要とされます。

このデザイン能力を高めるうえで、芝浦という都心立地を最大限活用し、「社会および産業界と密に連携を取った体験学習」を通じてデザインを追究する実践教育を徹底します。
ディプロマ・ポリシー
デザイン工学部は、社会が求める「あるべき姿(当為)を構築する設計科学技術」を身につけ、工学的知識と技術を基礎として、人間の感性および社会との調和・融合を図り創造的ものづくり能力、すなわちものづくり全体を表現するための1)認識力、2)構想力、3)計画力、4)意匠・設計力というデザイン能力を有し、卒業要件を満たしたものに学位を授与します。

(学修・教育目標)
・技術と人間・社会・自然との関連について幅広い知識を身につけ、地球的視点・歴史的視点をふまえながら多面的に物事を考えることができる。
・技術が世界と社会、自然に及ぼす影響や効果、そして社会に対して負っている責任を理解し、技術者として高い倫理観に基づき行動できる。
・社会的要請や利用者からの要望を理解し、関係する人々とのコミュニケーションを図りながらチームで仕事ができる。
・専門領域の知識・技術を修得して意匠力・設計力を身につけ、これらをものづくりの場で応用して問題を解決できる。
カリキュラム・ポリシー
デザイン工学部は、ディプロマ・ポリシーに掲げる目標を達成するため、工学と人間の感性および社会との調和・融合を図り、創造的なものづくり能力を素養にもつ、実践的な人材を育成するため、次のように科目を編成しています。幅広い工学の素養や技術を身につけるため、共通教養科目と共通基礎科目を置きます。また、コンセプトが明確になっていない段階からアイディアを生み出し、リーダーシップをもって個々の要求を整理・統合化し、ものづくりができるようになるための専門科目を置きます。これらの科目を講義、演習、実験、実習により体系的に編成します。学生の主体的・能動的な学修・研究を促す教育方法を実施し、その学修成果を多面的に評価し、学生の振り返りを促すことにより、教育目標を達成します。

1.共通教養科目
  人間・社会を理解するための科目から構成。人文系科目を低学年次、社会科学系科目を高学年次に配当。
2.共通基礎科目
  工学の基礎知識を修得するためのサイエンス科目、エンジニアリング科目、デザイン科目から構成。低学年次に集中配置。
3.専門科目
  デザイン工学の体系を構成する主要な専門科目を厳選して配置。
4.総合プロジェクト
  卒業研究(論文・製作・制作など)
アドミッション・ポリシー
デザイン工学部は、デザイン能力醸成教育を特徴としています。本学部への入学を志望する受験生は、以下に挙げる「求める人物像」及び本学部の教育方針、学科のカリキュラム、教育・研究の内容をよく理解して出願することが望まれます。

(デザイン工学部が求める人物像)
1.十分な基礎学力に加えて、21世紀における社会と産業が求める技術者をめざす人。
2.創造的な発想と、問題発見・解決能力、そして総合的な視野に立ち自律的に思考できる素養を持つ人。
3.多彩な才能と可能性を秘め、国際社会、産業、個人の生活・関心の変化に対して敏感に適応できる人。

上記に賛同し、本学部への入学を志望する人は、高等学校等において芝浦工業大学アドミッションポリシーに定める(1)~(3)の能力を身につけておくことが望まれます。

履修モデル

生産・プロダクトデザイン系(生産)(55.8 KB)
生産・プロダクトデザイン系(データ駆動デザイン)(54.5 KB)
生産・プロダクトデザイン系(プロダクトデザイン)(55.2 KB)
ロボティクス・情報デザイン系(UX/UIデザイン)(52.6 KB)
ロボティクス・情報デザイン系(ソフトウェア)(54.6 KB)
ロボティクス・情報デザイン系(ロボティクス)(54.0 KB)


技術×デザインが未来をつくる。デザイン工学部の全体概要

「デザイン工学部のカリキュラムがどのような考え方でどのように構成されているか?」を説明した動画です。学科のパンフレットを読む前にこの動画を見ると、パンフレットの内容が理解しやすくなるかもしれません。デザイン工学部の蘆澤雄亮准教授が作成しました。