先進国際研究センター

近年、社会構造や情報ネットワーク等の飛躍的変化により、急速に社会のグローバル化が進んでいます。本学は、建学の精神である「社会に学び社会に貢献する技術者の育成」を21世紀の現代に敷衍した「世界に学び世界に貢献するグローバル理工学人材育成」の実現に向けて、教育改革に取り組んでいます。ここで、グローバル理工学人材育成のためには、様々な国籍を有する教員や学生がともにグローバルな環境下で教育・研究を行うことが重要となってきます。

これらの背景を元に、芝浦工業大学ではSIT総合研究所内に「先進国際研究センター」を設置します。同センターでは、世界各国から第一線級の研究者を集め、先進的な国際共同研究を強力に推進し、国際研究ネットワークの増強を行います。また、学内の日本人研究者や学生を巻き込む環境において海外の大学等との連携研究を実施することで研究の深化の機会を増やし、国際共同研究の推進や国際共著論文の増加のみならず、グローバル理工系人材を育成することを目標としています。

本センターは、SIT総合研究所所長を代表とし、研究センターのメンバーが専門とする様々な分野における研究課題を、海外の研究者および芝浦工業大学の各学部・研究科に所属する教員、大学院生、研究生等と連携し、推進していきます。これにより、以下に記す目的の推進を目指します。

1) 国際共同研究の構築・推進
2) 大学のグローバル化への貢献
3) 国際共著論文の増加
4) 年1回以上の国際的な研究集会を実施

国内外から主に工学系分野において多くの研究実績を有する研究者を採用して、国際共同研究を推進しています。メンバーの研究者らは、学内の日本人研究者や学生らと協働して、海外のネットワークを構築・増強することで、さらなるグローバル化に努めます。