陸上競技部

陸上競技部は、駅伝ブロック・短距離ブロックの2ブロックで構成され、活動しています。

【駅伝ブロック】
水または木曜日と土または日曜日の週2~3日合同練習を行い、他の曜日は各自時間を見つけ、授業の時間に合わせて自主練習を行っています。また、自分の力を試すため、大会・記録会に積極的に出場しています。

【短距離ブロック】
短距離・跳躍・投擲パートで構成され、休日は浦和競技場で練習を行っており、平日は各自キャンパスごとに自主練習をしています。関東インカレ、理工系大会の上位入賞を目指して活動しています。
陸上競技部01
陸上競技部02

アピールポイント

【駅伝ブロック】
大学スポーツの花形と言える「箱根駅伝」を、仲間と目指すことができます。2018年正月には、箱根駅伝関東学連選抜チームに初めて駅伝ブロックの選手が選ばれるとともに、チームとしても最高順位と記録を出すなど、強さが増してきています。

【短距離ブロック】
2017年度から、大宮キャンパス内にランニングコース(640m)とタータン(103m 3レーン)と7mの砂場が設置されたため、質の高い練習ができるようになりました。短距離ブロックでは、2017年度の関東インカレで7位入賞者を出し、関東理工系でも4種目で入賞、チームとして6位という記録を残すことができました。

両ブロック共に、年間を通して多くの大会があり、実力の向上を身をもって実感できます。入部することで、陸上競技を通した仲間とともに充実した大学生活が送れます。

メッセージ

高校で陸上部に所属していて続けたい方、走ることが好きな方、マネージャーとして選手の頑張りを支えてみたい方、箱根駅伝をテレビで見て興味を持った方、入部したい理由は人それぞれ多種多様で良いと思います。もし、少しでも走ること、飛ぶこと、投げることに興味がある方はぜひ、私たち陸上部の部室、または練習に足を運んでみてください。初心者、経験者どちらもお待ちしております!
陸上競技部03