豊洲キャンパス

toyosu

注目の湾岸地区の中心地「豊洲」。最先端の研究施設を備えた人間力を育む都市型キャンパス。

​ビジネスと暮らしが融合する産業創造の新拠点として注目のエリア「豊洲」。そのまちびらきの年となった2006(平成18)年に誕生したのが豊洲キャンパスです。あらゆる研究設備を備え、開放性を重視したキャンパスは、芝浦工業大学が推進する、地域とのコミュニケーションを通して知識と人間力を育てる実学の実践を支えています。
 
豊洲キャンパスでは、工学部、デザイン工学部の各3・4年生、建築学部の全学年および大学院生が学んでいます。運河沿いの立地を生かした地域連携活動では、本学が事務局を務める豊洲地区運河ルネサンス協議会主催で、「船カフェ」「水彩まつり」も実施しています。
 
2022年(令和4年)には豊洲キャンパス本部棟をオープンしました。研究室には多くの学生が研究室の枠組みを超えて互いに学びあえる「オープンラボ」を多く取り入れており、産学官民による共同研究を推進しています。
また、240 インチLED ビジョンを備え付けた「阿出川シアター」では、海外ニュースの投影やプレゼンテーションに活用しています。印象的な研究棟前の大階段にはフラワーガーデン、トップステージ上には近隣に住む子どもたちの遊び場として遊具を備え付けた「シバウラキッズパーク」も開設しています。本学では、学生のみならず地域の方々にも愛される、開かれた大学を目ざしていきます。

キャンパスデータ

所在地〒135-8548 東京都江東区豊洲3丁目7番5
学部・学科・研究科工学部:3・4年生
建築学部:1・2・3・4年生
デザイン工学部:3・4年生
理工学研究科
面積(校地)30,000.00m2
建物(校舎3棟)101,761.93m2
耐震化率
100%
アクセス東京メトロ有楽町線「豊洲駅」1cまたは3番出口から徒歩7分
ゆりかもめ「豊洲駅」から徒歩9分
JR京葉線「越中島駅」2番出口から徒歩15分

キャンパスマップ

有元史郎記念校友会館交流プラザ
シアター
阿出川シアター
240 インチLED ビジョン(W5.25m、H3m)を設置。海外ニュースの投影、プレゼンテーション、情報発信などに活用されます。本学卒業生である阿出川悟さんのご寄付により実現しました。
abm00000040
有元史郎記念校友会館交流プラザ
卒業生が集う場所をキャンパス構内に置くことによって、卒業後も就職や会社の現状を学生に話したり相談したりできる交流の場所です。また、地域交流・地域貢献の一環として公開講座や多様なイベントも開催されるスペースです。
教室教室
他キャンパスとの遠隔講義やオンライン授業が可能なAV設備を完備。
大講義室(6階)大講義室
収容人数520名。劇場並みの音響設備を完備。
生協
生協ショップ
書籍から生活雑貨、旅行チケット購入まで対応。
テクノプラザ
テクノプラザ
最先端機器から汎用機器に至るまで、多種多様な機器を備えて、本学において研究に取り組む学生および教職員に提供しています。
キッズパーク
シバウラキッズパーク
近隣に住む子どもたちの遊び場としてオープン。数々のデザイン賞を受賞した遊具で彩られています。
シシリア
カフェ、レストラン
建築家 坂茂氏の設計による特徴的なデザインレストラン。学生・教職員だけでなく地域の方々も利用できる交流の場となります。

フラワーガーデン
フラワーガーデン