Shibaura Institute of Technology 100th Anniversary

COUNT
DOWN

100周年へのカウントダウン

2027年に芝浦工業大学は
100周年を迎えます。

Collaborating with society to
create value for society,
Create value for society
Global Human Resources
for Science and Engineering
and contribute to the world

TOPICS

施策進捗報告
「有元史郎 MEMORIAL CORNER」オープンしました
2024.01.31
「有元史郎 MEMORIAL CORNER」オープンしました
100周年のスローガンとロゴが決まりました
2023.12.20
100周年のスローガンとロゴが決まりました
大宮キャンパスに学生が交流する憩いの芝生広場がオープン
2023.11.24
大宮キャンパスに学生が交流する憩いの芝生広場がオープン
創立100周年記念 豊洲キャンパス完成募金
2023.10.31
創立100周年記念 豊洲キャンパス完成募金
創立100周年に向けて大宮キャンパスを再整備 教育・研究による社会貢献を具現化する環境へ
2023.8.16
創立100周年に向けて大宮キャンパスを再整備 教育・研究による社会貢献を具現化する環境へ

MESSAGE

理事長メッセージ

世界に学び、
世界に貢献する
グローバル人材の育成

創立者有元史郎の建学の想いである「現代社会の諸相に学び、人類の福祉、社会に貢献する技術者の育成」を旨とする実学教育の精神は、現代のグローバル社会において「世界に学び世界に貢献するグローバル人材の育成」へと展開され、本学の教育目標として現在に受け継がれているところであります。

芝浦工業大学は、創立100周年を迎える2027年に掲げる「理工系私学のトップランナー」という大目標に向けて、建学の原点に立ち返り、社会の要請に応えた教育の質のさらなる向上を目指し全学の求心力を高め新たな挑戦に取り組んで参ります。

学校法人芝浦工業大学 理事長 鈴見健夫
学校法人芝浦工業大学 理事長 鈴見健夫

100周年記念事業 ご寄付のお願い

芝浦工業大学は100周年を迎える2027年にはアジア工科系大学トップ10に入ることを目標としています。
こうした目標実現に多様性は欠かせず、2023年度は、女子学生拡充強化元年と位置付けた2022年度に続き、入試広報の更なる強化を図ります。
また、失われた出身地の多様性を取り戻すべく、全国型大学への展開を推進します。
「豊洲キャンパス第二校舎建設事業資金」によってご寄付をお願いしていた豊洲キャンパスは2022年秋に整備が完了いたしました。
今後は、キャンパス設置後50年以上が経過する大宮キャンパスの整備が本格化してまいります。皆様からのご寄付を引き続きお願い申し上げます。
本法人では、学生がより豊かなキャンパスライフを送れるように努めてまいります。
未来を担う学生のために、皆様の温かいご支援、ご協力を心からお願い申し上げます。

ご寄付のご案内はこちら