21a123 自分たちで創る明るい未来都市!~大学生とつくるダンボールシムシティ~

緊急事態宣言のため中止になりました青
freefont_logo_07yasashisaantique (1)
大宮freefont_logo_07yasashisaantique

講座概要

ダンボール都市デザイナーたち集まれ!
この講座では、大学生と子どもたち全員が市長になった気分で自然と共生した理想都市をダンボールで表現し、積み木遊びのように都市をつくります。
みんなで協力しあいながら、一つのまちを創りあげてみよう!思う存分うごきながら、まちづくりを体験してみませんか。
※2019年に開催した講座と同じ内容です。
21a123-4
自分たちで創る写真イメージ2

・シムシティは本来パソコンの都市経営シミュレーションの代表作であり、プレイヤーが市長となってまちを繁栄させるゲームです。都市づくり体験を通して、空間イメージ形成の感覚を養うとともに、子どもたちが成長した将来、持続可能な明るい未来都市を築いてもらいたいという願いを込めた教育プログラムです。

・工場やゴミ焼却場・エネルギーセンターなどの迷惑施設も作り、森や商業用地や住宅用地、公園・遊園地、墓地などをどこに配置するか、あるいはいらないかをみんなで考え、その必要性を認識することができます。都市と環境をテーマにリサイクル素材である段ボールを用いて、子どもと学生が一緒に積み木風段ボールによる自由な発想による空間デザインを体験できます。

・積み木やブロックと同様に想像力アップの効果と3次元で空間をとらえる能力向上が期待できます。都市づくり体験を通して大人になって自分たちのまちを広い観点から考えるようになります。住んでいるまちを愛し誇れる意識を高めていくシビックプライド形成の初期活動となります。森やエネルギーセンター(発電所) 、墓地など生活する上で必要な機能や自然環境との共生の必要性など、段ボール都市づくり体験の中で「都市と環境」を考える契機となります。







講座スケジュール


①都市のゾーニング(森、住宅地、商業・業務地、工場・エネルギーセンター、墓地)と都市インフラ(道や鉄道、川・湖) をつくろう

②段ボールで建築物や土木施設(橋や駅、風車) を建てよう

③子供たちが作った理想都市の空間体験。みんなで歩き回ろう


  
会場大宮キャンパス(さいたま市見沼区)
日程8月20日
曜日金曜日
時間13:30~15:30
回数全1回
受講料3,000円
対象小学1~6年生
定員25名(抽選)
申込締切7月19日(月)

講師プロフィール

21a123-fイメージ
講師:作山  康(芝浦工業大学システム理工学部 環境システム学科教授)

1983年芝浦工業大学建築工学科卒業、同年(株)都市環境研究所入所
2008年上席研究員・執行役員東京事務所副所長、2011年芝浦工業大学環境システム学科教授

技術士、都市計画学会、都市環境デザイン会議
2001-2004東京大学都市工学科非常勤講師、2011年から東北復興プロジェクトとして漁村集落の集団移転地計画・公民館再生・まちづくり拠点づくりを実施、2014年から原市団地サテライトラボ上尾にて高齢社会対応まちづくりの教育研究を進めている
研究室URL


講師からのメッセージ

みんなで協力して理想のまちをつくろう!
ダンボール都市デザイナーたち集まれ!!

受講者の声

・とっても楽しく、みんないい気持ちでできたと思います。私はこのことを未来にいかしたいです。(受講者の声)

・たくさんの友達と都市をつくれて、とても楽しかったです。また参加したいと思いました。(受講者の声)

・わが子が建物が大好きで、家でもダンボールで色々作っていることから、ぜひ参加したいと思った。一人で黙々と作るのと違ってみんなで協力して行うことの難しさも知ることができたと思う。先生の話はとても楽しくもっと聞いてみたいと思った。(保護者の声)

・子どもが人の輪に入るのが苦手なのですが、まったく知らない子どもたちとはじめは戸惑いながら最後は仲良くまちづくりができたので、人間形成に良いと思いました。(保護者の声)

申し込みについての確認事項

 本講座は対面講座です。新型コロナウイルスの収束が見えない状況ですが、できるかぎりの感染対策を施し、開講する予定です。ただし、感染状況によっては延期、中止とすることもございます。「2021年度公開講座について」を必ずお読みになってからお申し込みください。