22b144 海を見る!?どこまで見る!?~豊洲で始める海洋観測~

豊洲freefont_logo_07yasashisaantique
大水槽2

講座概要


「海の豊かさを守ろう(SDGsの17の目標の14番)」に世界の研究者が立ち上がっています。本講座ではガラス球での豊洲運河の様子の配信やプラスチックの蛍光観察を実演しながら、
海洋環境を守るための技術について研究中の内容も含めて広く紹介します。
本学が10年くらい前から関わってきた深海の観測から、近年問題となっている海洋マイクロプラスチックの観測までお話しします。




会場 芝浦工業大学豊洲キャンパス(江東区豊洲)
日程 11月12日
曜日
土曜日
時間 13:00~14:30
対象 一般(高校生以上)
受講料 1,500円
定員
50名(先着)
申込締切 10月19日(水)



講師プロフィール

KOIKE-SENSEI120×150
講師:小池義和(芝浦工業大学工学部電子工学科教授)
2000年4月芝浦工業大学に着任
最終学歴:東京工業大学総合理工学研究科電子システム専攻修士課程
博士(工学)
所属学会など:技術士(電子応用)、電子情報通信学会、日本音響学会所属
超音波の応用、海洋探査、衛星測位信号の利用についても研究を行う。
FUTAI-SENSEI-120×150
講師:二井信行(芝浦工業大学工学部機械工学科教授)
2013年4月芝浦工業大学に着任
最終学歴:東京大学大学院工学系研究科 情報工学専攻
博士(工学)
所属学会など:日本生体医工学会,化学とマイクロ・ナノシステム学会所属
血管オルガノイド、リキッドバイオプシー、ウイルス培養デバイスの研究もしている。

講師からのメッセージ

聞き慣れないガラス球を用いた海洋観測について知ることができる絶好の機会です。近年話題の海洋マイクロプラスチックについても知ることができますので、ぜひご参加下さい。

申し込みについての確認事項

本講座は対面講座です。 新型コロナウイルスの収束が見えない状況ですが、できるかぎりの感染対策を施し、開講する予定です。ただし、感染状況によっては延期、中止とすることもございます。 「2022年度公開講座について」を必ずお読みになってからお申し込みください。