新井俊希さんが計測自動制御学会中部支部シンポジウムにおいてセンサ賞を受賞

【受賞者】新井 俊希 さん(機械制御システム学科4年)
【指導教員】飯塚 浩二郎 教授(機械制御システム学科)
【学会・大会名(正式名称)】計測自動制御学会中部支部シンポジウム
【賞名】センサ賞
【発表題目】ばね圧縮リミッタ機構を用いた空気レスタイヤの可変剛性手法に関する研究

私は被災地で使用することを想定した車輪を開発しています。これは柔らかくなった地面や硬い地面を効率的に走行することが期待されます。

この車輪は柔らかい地面と硬い地面で車輪のモードを切り替えることで車輪自体の合成を変えることができます。これによってスタックを防ぎ、効率的に走ることができます。また、空気レスにすることでパンクを防ぎます。圧縮リミッタ部品というものを利用し剛性を変化させていて、これの形状検討を行いました。

被災地や事故現場など人の介入が難しい地域で活動する無人車両(UGV)に搭載することを想定しています。
今後は試験を行い、4輪の試作品を製作する予定です。後々は発展させて実地での試験を目指す予定です。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp