テオ・メイイーさんが15th International Congress of Asian Planning Schools Associationにおいて最優秀論文賞 (Best Paper Award)を受賞

【受賞者】テオ・メイイー (地域環境システム専攻1年)
【指導教員】篠崎 道彦 教授(建築学科)
【学会・大会名(正式名称)】15th International Congress of Asian Planning Schools Association
【賞名】最優秀論文賞 (Best Paper Award)
【発表題目】Influence of Urban Design on Microclimate in Tropical Historic Urban Canyon: Case Study at Ipoh Old Quarter, Malaysia

本研究はマレーシアの歴史的都市であるイポーを対象に都市の形態や配置が熱環境に与える影響に着目したものである。

本研究では熱環境を評価するENVI-metを用いてコンピュータ・シミュレーションによるイポー市街地の都市環境解析を行なった。建物の配置,街路パターンおよび幅員,樹木に着目して各所の熱環境を可視化・比較し、都市の形態や都市デザインと連動した熱環境,快適性評価の方法を示した。

この成果を活用し、熱環境の評価を組み込んだ都市デザインの方法を提案する。事後の評価ではなく,計画段階でプランナーやデザイナーが外部空間の熱環境や快適性を確認しながら都市デザインや都市計画の案を検討・評価することが可能となる。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp