池上彰氏と2020年東京五輪・パラリンピックを開催する東京の未来について議論

7月23日(火)、東京都千代田区のイイノホールで開催されたシンポジウム「池上彰と考える2020年の東京」(日本経済新聞社主催)に芝浦工大学生プロジェクトの学生3名と環境システム学科中村仁教授が登壇。ジャーナリストの池上彰氏、テレビ東京アナウンサーの福田典子氏、津田塾大学「梅五輪プロジェクト」の学生・教員と、2020年東京五輪・パラリンピックを開催する東京の未来について議論しました。
500名を超す満員の聴衆でホールは埋まり、フロアからの質問も活発に寄せられるなど、学生が手がける地域の防災への取り組みに高い関心が寄せられている様子が伺えました。

登壇したのは「すみだの’巣’づくりプロジェクト」のメンバー、環境システム学科の須野原拓海さん、渡部雄貴さん、花咲道弘さんと中村教授です。

池上氏が1964年東京オリンピック開催前後の東京の文化、マナーなど当時の様子について振り返った第1部に続き、「私たちがつくる東京」と題された第2部に登壇しました。
津田塾大学の発表に続いて、墨田区北部に根ざして住民の防災意識の向上を目指した学生プロジェクトの取り組みについて紹介し、2020年東京オリンピック・パラリンピックを迎える東京のまちづくりにどう関わっていくかについて登壇者と議論を交わしました。

またフロアからもたくさん質問が寄せられ、高齢化が進む中にあって災害時の対応に向けたコミュニティづくりはどのようにすればよいかという質問には、「活動を通してお互いで助け合う気持ちを醸成している。防災の主体となる人を育て、一人ひとりが防災の意識を高めてもらうコミュニティづくりを心掛けている」と回答。池上氏からは「本来は行政と町内会の取り組みだが、地域で守っていこうという気持ちを学生が育てている。そういったきっかけづくりの取り組みにもなっている」とコメントがありました。

最後に学生たちとの議論をうけて池上氏は、「まちづくりの話でも、おじさんたちばかりでなく、若い人たちが考えるようになっていて心強い。前回東京大会はハードの整備が中心だったが、2020年はソフト。日本の魅力をどう発信していくか、学生たちが作り出している。残り1年でも出来ることはたくさんあるので、皆が出来ることを意識してオリンピック・パラリンピックを迎えたい」と聴衆に呼びかけイベントを締めくくりました。

本イベントの様子は8月上旬の日本経済新聞朝刊にも掲載されるほか、7月23日から動画配信サイトparavi(https://www.paravi.jp/)でも紹介されます。

墨田区におけるプロジェクトの活動を紹介
渡部さん(左)と須野原さん
中村教授(左)と花咲さん
フロアからも多くの質問が寄せられた

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp