上田洋平さん、生方健太さん、鈴木敦也さん、石田拓也さん、謝少娟さん、馬凌翔さん、高群虎さんが「国際建築家連合主催、国際学生建築設計競技」において入賞

合肥工業大学(中国・安徽省)×芝浦工業大学の合同チームが共同で設計案を作成して国際学生コンペに応募し、入賞しました。
このコンペは、中国と海外の大学の混成チームで応募することが参加条件となっています。

デザインを通して梨の果樹園が有名な農村の活性化を行うという設計課題で、入賞した15のチームの学生達は、今年の8月、実際に現地にて提案した内容に基づき建物を建設します。

コンペに応募した図面の一部

【受賞者】
・上田 洋平 さん(建設工学専攻1年)
・生方 健太 さん(建設工学専攻1年)
・鈴木 敦也 さん(建設工学専攻1年)
・石田 拓也 さん(建築学科4年)
・謝 少娟 さん(建築学科4年)
・馬 凌翔 さん(建設工学専攻修了[2018年度])
・高 群虎 さん(交換留学生[中国:黄山学院])

【指導教員】南 一誠 教授(建築学科)

【学会・大会名(正式名称)】
国際建築家連合(UIA:Union Internationale des Architectes)、CBC(China Building Centre)主催、国際学生建築設計競技
2019 UIA-CBC International Colleges and Universities Competitive Construction Workshop

【賞名】入賞(15作品が入賞)

【発表題目】The Shadow of Trees; Design of Peer Garden Fruit Retail House


合肥工業大学と芝浦工業大学の合同チームが応募し、入賞しました。設計競技では、梨の果樹園が有名な農村の活性化につながる提案が求められました。入賞した15のチームは、今年の8月、提案した内容に基づき、実際に現地(中国江蘇省宿迁市)に建物を建設する機会が与えられる予定です。

提案した内容は木造のフレームを用いた建物で、大小2つのフレームを組み合わさることにより、多様な空間を構成することができる。梨の果樹園に配置することにより、来園者が楽しめる多様な場を提供する。

デザインの力で地方の農村を活性化することに、中国と世界各国の大学の学生達が協同で取り組んでいる。地方創生は世界共通の課題であり、学生たちの取り組みが世界に広がることが期待される。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp