酒井康徳助教が日本機械学会において日本機械学会奨励賞を受賞

【受賞者】酒井 康徳 助教(機械制御システム学科)
【学会・大会名(正式名称)】日本機械学会
【賞名】日本機械学会奨励賞(研究)

日本機械学会賞は日本機械学会創立60周年(昭和32年)記念事業の一つとして「日本の機械工学・工業の発展を奨励する」ことを目的として昭和33年に設けられた。そのうち、日本機械学会奨励賞(研究)は、機械工学または広く産業社会に関わる主として研究上の業績(印刷公表された論文等)をあげた新進気鋭の会員個人に対して贈られる賞である。

本研究では、半導体製造装置や工作機械に使用させる精密位置決め装置を対象として運動時に生じる非線形な摩擦に起因する振動現象について実験的・理論的に検討し、これまでは十分解明されていなかった摩擦特性と振動減衰性との関係を解明した。

工作機械をはじめとする精密機械システムに存在する結合部の非線形な剛性・減衰特性を理論的に体系化し、数値シミュレーションによる振動特性予測技術の高度化や、不安定振動の抑制による機械システムの運動精度向上に貢献したい。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp