佐藤凌真さんが「電子情報通信学会 安全・安心な生活とICT研究会」において「2018年 安全・安心な生活とICT研究会 研究奨励賞」を受賞

【受賞者】佐藤 凌真 さん(電気電子情報工学専攻1年<受賞時>)
【指導教員】行田 弘一 教授(情報通信工学科) 
【学会・大会名(正式名称)】電子情報通信学会 安全・安心な生活とICT研究会
【賞名】2018年 安全・安心な生活とICT研究会 研究奨励賞
【発表題目】メッセージフェリーを用いた災害情報伝達システムに関する研究

自治体による災害情報伝達のための既存システムとして、公園などに設置されたスピーカ ーから音声を流す防災無線システムがありますが、大規模災害発生時には物理的な破損や 停電によるバッテリー切れなどにより利用できない場合があります。このような状況にお いても情報伝達を可能にするための新たな災害情報伝達システムを構築することで、被災 者の的確な災害対応を可能にし、被害の拡大を防止することを目的としています。

大規模災害発生時の情報伝達手段として、ドローンなどの無人航空機を用いて被災者の持 つスマートフォンに直接情報を伝えるシステムを提案し、シミュレーションにより通信性 能の評価を行うことで、情報を確実に伝達するためのドローンの最適な飛行速度・高度を 決定しました。

提案する災害情報伝達システムを実現することで、災害時における被害を最小限に食い 止めることに貢献していきたいと考えています。現在は被災者への情報伝達は必ずしも 100%ではないため、今後はより確実に被災者への情報伝達を可能とするようなシステムの 改善を行っていく予定です。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp