木田福香さんが「日本原子力学会関東・甲越支部 第12回学生研究発表会」において奨励賞を受賞

【受賞者】木田 福香 さん(材料工学科4年【受賞時】)
【指導教員】新井 剛 教授(材料工学科) 
【学会・大会名(正式名称)】日本原子力学会関東・甲越支部 第12回学生研究発表会
【賞名】奨励賞
【発表題目】Na高含有放射性廃液からの選択的核種回収を指向した高性能キレート吸着材 の開発

本研究では、使用済み核燃料の再処理の過程で発生した低放射性濃縮廃液の正確な廃液組 成を把握するため、他元素の定量を妨害するNaと目的核種の分離能に優れた吸着材の開発 を目的とした。

多価金属イオンに対し選択性が高いイミノ二酢酸キレート樹脂を作成し、本研究の成果よ りNaを含む混合溶液から自製のイミノ二酢酸キレート樹脂を用いNaとその他目的核種の分 離が可能であることが示された。

放射性廃棄物の安定的な処理のために廃液組成の把握は必須の課題である。低放射性廃液 の分析前処理技術の確立に向け、今後は動的挙動の検討や模擬廃液での試験を行い工業的 な実用化を目指している。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp