阿部晃大さんが自動車技術会において大学院研究奨励賞を受賞

【受賞者】阿部 晃大 さん(システム理工学専攻2年)
【指導教員】伊東 敏夫 教授(機械制御システム学科)
【学会・大会名(正式名称)】自動車技術会
【賞名】大学院研究奨励賞
【発表題目】自動運転から手動運転への操作主権移動時におけるドライバ状態と運転行動解析

自動車が走行中に自動運転から手動運転へと切り替わる際、ドライバの眠気が運転操作に及ぼ す影響の解明を目的とした。

現在の自動運転システムでは、天候の悪化等によって車載センサが機能しない場合、手動運転 への切り替えが発生する。本研究ではシミュレータを用いて自動運転環境を再現し、ドライバ が眠気を感じた状態で運転を引き継いだ際に、運転操作が通常時より乱雑になることを確認し た。

今後はドライバの眠気を抑制するシステムを開発し、自動運転の安全性向上を目指す。ドライ バへの過度な干渉は快適性の低下や注意力散漫等につながることが予想されるため、様々な視 点からシステムの評価を行っていきたい。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp