森莉紗子さんが化学工学会 第50回秋季大会においてバイオ部会優秀ポスター賞を受賞

【受賞者】 森 莉紗子 さん(応用化学専攻2年)
【指導教員】 吉見靖男 教授 (応用化学科) 
【学会・大会名(正式名称)】 化学工学会 第50回秋季大会
【賞名】 バイオ部会優秀ポスター賞
【発表題目】 蛍光性分子インプリントポリマーナノ粒子を用いた神経伝達物質イメージング


セロトニンと呼ばれる神経伝達物質の分泌不全は、うつ病などの精神疾患を引き起こす。しかし脳内で伝達されるセロトニンがどのようなタイミングで、どの場所で分泌されるのかを検知する技術がないため、発症や治療の詳細なメカニズムは解明されていない。そこで本研究では、細胞間で伝達されるセロトニンの可視化技術の開発を目的とした。

当研究室で開発された、セロトニンと選択的に結合することで蛍光の明るさを増大させるナノ粒子を、アメフラシの脳に吸着させて蛍光顕微鏡で観察したところ、セロトニンの分泌箇所が脳内を移動する様子をリアルタイムで可視できた。

今後は、さらに抗うつ剤などの薬剤を加えてセロトニンの分泌量や分泌時間の変化を観察し、治療薬のメカニズムの解明に役立てる。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp