アーバン・エコ・モビリティ研究拠点の形成~都市の交流・物流・環境をエンジニアリング技術で支える~

 芝浦工業大学はこのたび文部科学省平成30年度「私立大学研究ブランディング事業」に採択されました。

採択された事業は、「アーバン・エコ・モビリティ研究拠点の形成~都市の交流・物流・環境をエンジニアリング技術で支える~」です。
芝浦工業大学の持つエンジニアリング技術を結集し、環境調和を図りつつ都市での人やモノの円滑な移動、多様な交流を支える「アーバン・エコ・モビリティ技術」の研究開発拠点を形成します。

「アーバン・エコ・モビリティ研究拠点」概念図

本課題は、地域課題であると同時にグローバル課題です。国内外の産業界及び連携大学との共同研究、自治体、住民等との連携による社会実装に向けた研究を進め、同時に研究の進捗状況・成果について、産業界、自治体や地域住民、さらには保護者を含む受験生等の内外のステークホルダーに対して戦略的観点から広く情報発信を行っていきます。

そして、アジア諸国をはじめとする留学生の参画や海外研究者との共同研究を重視し、本学の国際的プレゼンスの高揚にも努めます。また、研究に際して常に社会実装を意識し「課題探索・原理検証」「コア技術・知財の形成」「プロトタイピング」の3ステージからなる芝浦型gERC(global Engineering Research Center:後述)の枠組みのもとに推進していきます。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp