佐々木義基さんが平成30年度 GPS/GNSSシンポジウム2018にて優秀ポスター発表賞を受賞

【受賞者】佐々木 義基 さん(土木工学科4年生)、志賀 佑大 さん、澤口 学教 さん、中川 雅史 教授
【指導教員】中川 雅史 教授(土木工学科)
【学会・大会名(正式名称)】平成30年度 GPS/GNSSシンポジウム2018
【賞名】【賞名】優秀ポスター発表賞
【発表題目】「迅速な点群取得のための全天球画像SfM/MVS処理」

構造物の3Dモデル構築方法のひとつに、複数の地上撮影画像を用いたStructure from Motion/Multi-view Stereo(地上撮影SfM/MVS)があるが、対象物に対して多様な視点からの撮影が必要であり、撮影の時間コストに課題がある。そこで、全天球カメラの利用に着眼し、地上撮影SfM/MVSの撮影時間コストを改善することを目的とした。

全天球画像撮影、撮影者除外処理、投影変換、SfM/MVS、および、3Dモデリングで構成される処理を提案した。土木構造物を実験対象とし、全天球カメラを用いて検証実験を実施し、従来手法と同様に3Dモデルを生成できることと、撮影時間コストを改善できることを確認した。

国内の社会インフラは高度経済成長期に建設されたものが多く、高齢化・老朽化している土木構造物の割合が急増していることが社会的課題であり、この社会的課題を解決していく方法論に土木構造物の3Dモデル化がある。しかしながら、3Dモデルを生成する際に利用される測量用レーザースキャナや測量用UAVは高額であるため、地方の小規模土木構造物の3Dモデル化がほとんど進んでいない。本研究に加えて、ウェアラブルデバイスや小型ドローン測量などの連携による、安価な計測デバイスを組み合わせた手法を提案することで、上記の社会的課題を解決することに貢献する。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp