大塚 菜々さんが第19回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 RTミドルウェアコンテスト2018にて奨励賞、「ウィン電子工業賞」 「女流RTコンポーネント賞」を受賞

【受賞者】大塚 菜々さん(工学部 機械機能工学科 4年)
【指導教員】松日楽 信人 教授(機械機能工学科)
【学会・大会名(正式名称)】第19回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会  RTミドルウェアコンテスト2018
【賞名】奨励賞
「ウィン電子工業賞」
「女流RTコンポーネント賞」
【発表題目】高齢者の習慣的な運動を支援する声掛けRTC

高齢者の運動に対する意欲向上を促し、介護予防や自立支援をサポートする。

高齢化が進むなか、介護予防や自立支援は非常に重要な課題である。日常生活で頻繁に行う立ち上がり動作に着目し、センサで立ち上がり動作を検知してPCから利用者を応援する音声を再生するシステムをRTミドルウェアを用いて開発した。

今回は基本的な機能を開発した。今後は利用者とより深いコミュニケーションを図るために、アニメーションの表示や、個人データの機能を実装していく予定である。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp