江口晴登さんが膜シンポジウム2018にて学生賞を受賞

【受賞者】江口 晴登 さん(応用化学専攻1年)
【指導教員】吉見 靖男 教授(応用化学科)
【学会・大会名(正式名称)】膜シンポジウム2018
【賞名】学生賞
【発表題目】酸化インジウムスズ電極に固定された分子インプリント高分子膜によるバンコマイシンセンシングのメカニズム解明

バンコマイシンとは院内感染を引き起こすメチシリン耐性黄色ブドウ球菌に対して第一に選択される抗菌剤であるが、過剰に投与すると腎障害をもたらし、それを恐れて過小に投与すると菌が耐性を持って効かなくなってしまう。よってバンコマイシンを投与する際には、頻繁に血中濃度を測定する必要があるが、外部機関に頼る既存の検出法では対応が遅れるため、役割を充分に果たせていない。そこで本研究では、簡単に血液中のバンコマイシン濃度を確認できる新規のセンサの開発を目指している。

バンコマイシンに対して特異的に結合する高分子の薄膜を電極に固定することでセンサを作製した。この高分子膜に導電性を与えることで、バンコマイシンに対する応答性を飛躍的に増大させることに成功した。このことが今回の研究発表のメイントピックである。

開発されたセンサは低コストで作製できて、またリアルタイムでバンコマイシンの血中濃度を測定できるため、このセンサを用いることで不適切なバンコマイシン投与を防ぐことができると考えられる。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp