井上槙人さん、藤武将人さん、吉見卓教授が平成30年度「建設施工と建設機械シンポジウム」にて論文賞を受賞

【受賞者】井上 槙人さん(電気電子情報工学専攻2年)、藤武 将人さん(電気電子情報工学専攻2年)、吉見 卓 教授(電気工学科)
【指導教員】吉見 卓 教授(電気工学科)
【学会・大会名(正式名称)】平成30年度「建設施工と建設機械シンポジウム」
【賞名】論文賞
【発表題目】機械学習と画像処理を用いた重機の自動カメラ追従システム

土砂崩れなどの、危険な災害現場の復旧工事は遠隔操作重機が用いられている。この重機は現場付近に設置された監視カメラからの映像を頼りに安全な場所から遠隔で操作される。現在は重機を常に映すため、カメラ操縦者がカメラの向きを遠隔操作しているが、作業効率化のためにこの作業の自動化が求められている。本研究ではこのカメラ操作の自動化が目的である。

我々は、2種類の画像処理手法を提案、統合し、実環境に適した重機追従カメラシステムを試作した。一方はテンプレートマッチングと呼ばれる従来手法を改良した高速な手法、他方は近年注目されている機械学習を用いた物体検出手法であり、対象物の部分々々に着目し、重機を堅牢に検出する。現場実験により、提案手法が実用的な速度で動作し、従来の物体追従手法よりも環境変化に強く、正確に動作することが示された。

開発したシステムを実際の現場へ導入し、実作業の効率向上に貢献したい。

結果図

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp