黄麒文さんが日本知財学会「第16回年次学術研究発表会」にて学生優秀発表賞を受賞

【受賞者】黄 麒文 さん(MOT交換留学生 国立台北科技大学経営管理研究科)
【指導教員】田中 秀穂 教授(工学マネジメント研究科)
【学会・大会名(正式名称)】日本知財学会 第16回年次学術研究発表会
【賞名】学生優秀発表賞
【発表題目】日本語商標の漢字文化圏消費者における嗜好分析 —台湾消費者を対象としてー

商標権の海外への出願が、グローバルでのビジネスの展開に大変重要となっています。漢字や仮名の日本語文字で構成される日本企業の商標を、市場が急拡大している台湾、中国などの漢字文化圏諸国に出願する際に、どのような商標の形態で行うのが良いのかを明らかにする研究です。

日本語商標の覚えやすさ、親近感、印象、日本ブランドの連想などについて台湾消費者を対象に調査を行いました。その結果、例えば仮名の商標は、日本ブランドとして強く認識され、特別感、強い印象を与えることがわかり、アルファベットを発音サポートとして付けるとさらに有効であることなどを見出しました。

日本企業が台湾、中国などに事業展開する際に、商標権の出願戦略の参考情報として活用してもらうことを期待しています。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp