「鈴鹿市長杯第30回全日本学生ジムカーナ選手権大会」「全日本エコドライブチャンピオンシップ2018」

2018年8月17日~19日に鈴鹿サーキットで開催された全国大会「鈴鹿市長杯第30回全日本学生ジムカーナ選手権大会」にて、体育会自動車部が過去最高の団体7位、個人2位を記録しました。
また、8月20日に同サーキットで開催された「全日本エコドライブチャンピオンシップ2018」でも、過去最高の学生の部10位、総合順位23位を記録しました。

鈴鹿市長杯第30回全日本学生ジムカーナ選手権大会

団体結果

 7位(31団体中/過去最高)

個人の部

 2位 26.01 sec 高橋 響さん(副将:電子工学科2年)93人中/過去最高
31位 30.91 sec 佐藤 拓実さん(主将:電気工学科3年)
46位 33.40 sec 重広 周吾さん(練習:機械機能工学科2年/練習員)

全日本エコドライブチャンピオンシップ2018

学生の部

10位(33団体中/過去最高)

総合

23位(59団体中/過去最高)

高橋 響さん(電子工学科2年)

全日程4日間に渡る大会遠征でしたが、大きな事故もなく2つの大きな大会で結果を残すことができたのはわざわざ遠方から応援に駆けつけてくださったOBの方々がいて、日頃から我が部をサポートしてくださっていた皆さんの存在があったからだと思っています。
鈴鹿市長杯第30回全日本学生ジムカーナ選手権大会の団体順位については、6位から入賞だったため少々惜しい結果でしたが、全日本大会でここまでの結果を残せたのは今までにないことでした。
また、私以外の表彰台登壇者はほとんど4年生でしたが、私はまだ2年間出場権利を有しているため、2位を取ったからには次年度こそ全国1位を取りに行きたいと思います!
団体の部に関しても入賞、表彰台登壇を目指して頑張ります!
 

大会の2日後には、新潟県の妙高杉野原スキー場の大駐車場にて7日間の練習合宿を行いました。高橋さんは「2週間、大移動、運転しっぱなしの超過密スケジュールをこなすことができたのは信頼しあえる部員同士の協力があったからです。来年2月末にも春の練習合宿を控えていますので次シーズンの大会でさらに上の結果が残せるようたくさん練習できるように今から着実に準備を進めています」と話しました。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp