芝浦工業大学(東京都江東区豊洲/学長 村上雅人)で、アジアの学生が集う日印再生医療センター主催の年次大会「NCRM NICHE2018」が10月20日から3日間にわたり開催されました。
今後の再生医療の発展を促すとともに、日本の再生医療技術について世界に発信することを目的として実施されるこのイベントは、広く再生医療に関わる学生や若手研究者の交流の場となっており、芝浦工業大学では昨年に続き2度目の開催となります。今年は、インド・インドネシア・マレーシア・日本より80名の学生・研究者が集まり、再生医療関連クイズ大会やプレゼンテーション、研究室見学を行いました。芝浦工業大学は受け入れ大学として、会場の提供・研究室公開・海外参加学生の滞在手配など、学生同士の活発な国際交流を支援しました。

 

機械工学科 光エネルギー工学研究室で学生による研究紹介
応用化学科手島成洋さんによるプレゼンテーション

■研究室見学(芝浦工業大学)

機械工学科光エネルギー工学研究室、応用化学科化学工学研究室、情報通信工学科生体通信工学研究室の3つの研究室を公開し、本学教員や学生による研究紹介が行われました。生体というテーマに対して機械・情報・化学などさまざまな分野における研究内容を英語で伝え、学生からも積極的に質問がありました。

 

■日本人学生によるプレゼンテーション

芝浦工業大学・千葉大学・東京工業大学・東京大学の学生グループより再生医療に関するプレゼンテーションがありました。本学からは、応用化学科吉見靖男教授の研究室より10名の学生が参加しました。プレゼンテーションのみならず、受け入れ大学として海外参加学生のアテンド役も担っており、ホテルから会場や研究室への案内、運営の手伝いなど、濃厚な国際経験を得る機会となりました。

■参加学生からのお礼挨拶

代表挨拶をしているKasturba Medical College, Mangalore  Bhatia Simranさん

「空港への出迎えをはじめ、全てのアテンドに感謝します。とても優しい方ばかりでした。医療以外の分野の研究室も訪問しましたが、分野の違う私たちにも研究を根気強く説明してくれました。また、多くの国の学生が集まり意見を交わすことでとても刺激を受け、母校へ帰りこの経験を伝えていきたいです。今後の研究の励みとなりました」

 

日印再生医療センター年次大会「NCRM NICHE2018」とは

日 時 : 2018年10月20~22日
場 所 : 芝浦工業大学 豊洲キャンパス(東京都江東区豊洲3-7-5)
プログラム: 最先端研究者による講義・若手研究者による口頭発表・再生医療関連クイズ大会・研究室見学など
詳細は下記WEBサイトをご参照ください 

お問い合わせ先

芝浦工業大学
学生課

豊洲:〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5(豊洲キャンパス 教室棟2階)
大宮:〒337-8570 埼玉県さいたま市見沼区深作307(大宮キャンパス 2号館)
芝浦:〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 1階)
TEL:豊洲:03-5859-7370/大宮:048-687-5105/芝浦:03-6722-2600/FAX:豊洲:03-5859-7371/大宮:048-687-5573/芝浦:03-6722-2601