毛利雅裕さんが日本原子力学会 関東・甲越支部 第11回学生研究発表会において奨励賞を受賞

【受賞者】毛利雅裕 さん(材料工学専攻1年)
【指導教員】新井剛 教授 (材料工学科) 
【学会・大会名(正式名称)】日本原子力学会 関東・甲越支部 第11回学生研究発表会
【賞名】奨励賞
【発表題目】模擬廃液含有鉄リン酸ガラスの減容性及び耐水性評価

使用済み核燃料の再処理工程で発生する処理法の確定していないリン(P)を多く含む低レベル放射性廃液が存在する。この廃棄物の処理法としてセメントを用いた固化処理が検討されていたが、廃棄物の充填率が低く、かつ化学的耐久性の面で課題を残していた。そこで本研究では、廃棄物中に含まれるPをガラスの固化体骨格とした鉄リン酸ガラスに着目し、減容性等を検討した。

鉄リン酸ガラスのガラス組成を最適化することで従来のセメント固化法と比較し、廃棄物の充填率を5倍程度向上させることを可能とした。

鉄リン酸ガラスを用いた廃棄物の処理の課題としてガラス溶融炉への侵食性が高いことが挙げられる。そこで炉材の候補に対して侵食性能の評価を行う。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp