中村文也さんが日本原子力学会 関東・甲越支部 第11回学生研究発表会において奨励賞を受賞

【受賞者】中村文也 さん(材料工学科4年)
【指導教員】新井剛 教授 (材料工学科) 
【学会・大会名(正式名称)】日本原子力学会 関東・甲越支部 第11回学生研究発表会
【賞名】奨励賞
【発表題目】PUREXにおける劣化溶媒からの被抽出放射性核種の吸着除去開発

原子力関連施設で生じる実験廃液の安全な管理を目的として、廃液中に残存が懸念される放射性核種の分離除去技術の開発を行っている。

使用済み核燃料の再処理方法に関する研究開発が国内の原子力関連施設で行われているが、実験廃液中にはウランなどの放射性核種の残存が懸念されるものが存在する。こうした廃液中から固体吸着材を利用した放射性核種の分離除去技術の開発を行った。

放射性核種の分離除去技術の確立により、原子力施設における更なる安全な管理体制の構築に貢献できると考えている。本研究においては、放射性核種の分離に適している吸着反応の選定には至ったが、十分な性能は得られていない。今後の展望としては、吸着条件を工夫することで更なる吸着性能の向上を目指している。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp