高田希望さんが第62回日本薬学会関東支部大会において優秀ポスター発表賞を受賞

【受賞者】高田希望さん(システム理工学専攻 2年)
【指導教員】須原 義智教授 (生命科学科)
【学会・大会名(正式名称)】第62回日本薬学会関東支部大会
【賞名】優秀ポスター発表賞
【発表題目】ビタミンK結合タンパク質の同定を目指したビオチン標識ビタミンK誘導体の合成
ビタミンKは血液凝固や骨形成に関与することが一般的に知られているが、最近になってビタミンKが神経幹細胞をニューロンへ分化誘導する作用が見出された。しかし、この作用機序は解明されておらず、本研究ではビタミンKが作用するタンパク質を明らかにすることで、作用メカニズムの解明を目指している。

タンパク質同定のために、磁気ビーズを用いて細胞抽出液から結合タンパク質を選択的に釣り上げるpull-down法という手法を選択した。この磁気ビーズを調製するために、ビオチンで標識したビタミンK誘導体3種類の合成を行った。

今回、磁気ビーズに用いるビオチン標識ビタミンK誘導体の合成が完了した。今後は、この誘導体を用いて実際に作用タンパク質を同定し、メカニズムを解明していく予定である。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp