中村 絢也 さん(建設工学専攻1年)が第6回コンクリート構造物の非破壊検査シンポジウムにおいて新進賞を受賞しました。

【受賞者】中村 絢也 さん(建設工学専攻1年)
【指導教員】伊代田 岳史 教授(土木工学科)
【発表題目】導電率を用いた型枠脱型時期に推定手法の提案

コンクリート構造物の建設現場では、フレッシュコンクリートを打設した型枠の脱型時期は示方書の強度を参考に決めている。しかしながら躯体自体の強度を直接計測することは難しいため、本研究ではこれまでの研究成果である導電率と強度の関係が若材齢においても同様であるか検討した。

本研究では、型枠を外すような若材齢においても導電率と強度の関係に相関関係を示すことが分かった。さらにこの結果は温度に依存せず、同様の関係を示した。そして導電率を計測することで躯体強度の推定の可能性が示された。

今後は、躯体強度の推定精度を向上させることにより、建設現場での利用を促進させ、現場の作業を簡易化、工期の短縮に繋げることで人材不足である建設業界に役立てて行きたい。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp