奥田 宏志 准教授(生命科学科)が日本リメディアル教育学会 第14回全国大会において2018年度 大会発表優秀賞を受賞しました。

【受賞者】奥田 宏志 准教授(生命科学科)
【発表題目】理工系大学生に対する英語学習に関するアンケート調査結果報告

本研究の目的は、海外での研修活動参加に消極的な学生の学習状況等を明らかにし、支援策を開発することである。

理工系大学生を対象にアンケート調査を実施し、英語学習状況や志向・考え方等を分析した。海外での語学研修等への参加に積極的な学生と消極的な学生の間には、英語学習に対する目的意識の他に、他者との関わり方に関する考え方などにも違いがあることが明らかになった。

グローバルな研究開発が進む中、理工系大学生が海外の多様な人材と交流する場を経験することは、今後ますます重要になっていくと考えられる。しかし、調査を通じて海外での研修参加に消極的な学生が3割程度いることが分かってきた。発表時には、理工系大学の方から複数質問を頂くことができた。共通の課題として、理工系大学間での共同研究も視野に入れていきたい。今後は、理工系学生が持つ考え方等を詳しく調査・分析を進め、支援策を開発していく予定である。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp