鈴木 航平 さん(応用化学専攻1年)が分離技術会年会2018において奨励賞(リファインホールディングス賞)を受賞しました。

【受賞者】鈴木 航平 さん(応用化学専攻1年)
【指導教員】野村 幹弘 教授(応用化学科)
【発表題目】フッ素添加による高速水素透過MFI膜の開発

水素エネルギー社会の実現に向け、有機ハイドライドとしてメチルシクロヘキサン(MCH)を用いた水素の輸送・貯蔵が注目されている。MCHの脱水素反応では、転化率を向上させる必要があり、水素選択透過膜反応器が期待されている。実用化には、水素透過率の向上が求められる。

本研究では、膜材料としてMFIゼオライトに注目した。従来のアルミナ基材ではなく、新規なシリカ基材を用いることで高速水素透過膜の開発に成功した。さらに合成時にフッ素を添加することで、従来の10倍以上の水素透過率を示す高性能な膜の開発に成功した。

今後は、実用化に向けた水素選択透過膜反応器の検討を行い、水素社会の実用化に貢献したい。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp