芝浦工業大学と早稲田大学が提案する「郊外で住み継ぐ『リデザイン』住居」

12月2日、学生が考える次世代のゼロ・エネルギーハウス建築コンペ「エネマネハウス2017」の住宅展示・公開が大阪市うめきたサザンパークにて始まりました。
芝浦工業大学は3回連続の出場となり、既存の構造体を残しつつ高断熱壁の配置や設備の導入・運用に一工夫加えることで、ゼロエネルギーを達成し、今後も長く住み継げる住宅を提案しています。

期間中は、実際に各大学のモデルハウスに入り、エネルギー消費量、室内温度、湿度などをリアルタイムに確認しながら、来場者が最も住みたいと思う家に投票する場も設けられており、投票によって「People's choice Award」が決定します。本プロジェクトには、プランニングから建設作業まで、教員4名と学生32名が関わっており、期間中は、各所に施された「ゼロ・エネルギー」の工夫を学生たちが説明しますので、ぜひ会場に足をお運びいただき、投票をお願いします。

◆ エネマネハウス2017 開催概要 ◆    ※予約不要・入場無料

【日時】   2017年12月2日(土)~17日(日) 
                一般公開時間 10:00~16:30 ※2日、16日は13:00~16:30、17日は10:00~14:00
【場所】   
大阪市うめきたサザンパーク(うめきた2期B区域)

【参加校】 京都大学/近畿大学/首都大学東京/武庫川女子大学大学院/早稲田大学・芝浦工業大学

※投票は15日(金)までとなっています。ご注意ください。
※ご来場が難しい方は、Facebookでの投票も可能ですので、下記URLよりお進みください。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp