相澤龍彦教授(デザイン工学科)が日本塑性加工学会 学会大賞を受賞しました。

【受賞者】相澤 龍彦 教授(デザイン工学科)
【発表題目】制御プラズマを用いたマイクロ生産技術の研究開発

微小部品・微小センサー・微小システムなどを開発生産する上で、マイクロ製造技術は必須である。加えて、塑性加工工具・金型の微小化、精密化、温間・熱間化に伴って、工具素材・型素材の耐摩耗性・耐腐食性・耐熱性などを飛躍的に向上させる表面処理として、マイクロ製造技術が必要である。さらに、過酷な環境で使用せざるを得ない塑性加工工具・金型では、型材質の表面処理に加え、コーティング被膜の型機能化も求められる。上記のマイクロ製造が求める新素形材技術として、制御プラズマで援用した素形材技術とその型を用いた塑性加工技術を研究開発した。

主な研究内容は、
1)実時間プラズマ診断を用いた、型・工具形状に適合する加工空間のプラズマ処理技術の開発。
2)工具鋼・型鋼・アルミ合金への低温プラズマ窒化プロセス技術の開発と応用展開。
3)ダイヤモンドコーティングなど硬質膜のプラズマ加工法の開発とその型技術への展開。

今後は、
(1)塑性加工など素形材産業で利用する工具・金型の長寿命化ならびに潤滑材をほとんど使用しない環境適応型ものづくり技術の実現。
(2)ダイヤモンド膜・DLC膜(硬質アモルファス膜)からなる金型・工具を作製することによる、機能性金属・機能性ポリマー膜の生産技術の実現。
(3)種々の加工空間のプラズマ処理技術を用いた、一般の人が使える加工法の提案。
を行っていきたい。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp