3月の就職活動解禁に向けて、2月16日(木)に「就活フェアin豊洲」を開催しました。本イベントは3部制で行われ、企業の人事担当や卒業生による業界・職種研究セミナーのほか、大手企業の役員を務める卒業生による「就活必勝法」をテーマにしたパネルディスカッション、学生同士の面接のロールプレイング練習など、実践的な内容の講座となりました。

第1部の業界・職種研究セミナーでは100名をこえる学生が参加。前半は、大手企業の人事採用担当者が、理工系の強みをどのように生かせるかという視点から、職種や仕事内容をパネルディスカッション形式で紹介しました。後半は、全体を4つのグループに分けてそれぞれの企業の方とざっくばらんに話す機会に。学生からは、研究と就活の両立の仕方や、日々の業務スケジュールなどの質問がありました。グローバル対応力に関する質問も多く、企業からは「入ってから勉強する機会もある。英語力が全てでは無いので、今苦手でも是非トライして欲しい」というアドバイスがありました。参加した留学生からも、必要とされる日本語レベルに対する質問などがあがりました。

第2部のOB企業役員によるパネルディスカッションには約200名が参加しました。学生から集まった質問の中では、業界・企業選びや理系の就職活動に対する不安の声が多くありましたが、卒業生から「メディア露出を企業選びの指針にしてはいけない。自分がやりたいことを事業として扱っているかどうかが大事」という提言や、「ゴールを設定したらあきらめない強さがあるのが芝浦工大生。会社に入ってからも成長できる」というエールが送られ、自信につなげました。

第3部では、約120名の学生が6名ごとのグループに分かれ、お互いに面接のロールプレイング練習を行いました。卒業生は一つ一つグループを回り、お辞儀の姿勢や座っているときの手の置き方などをアドバイス。参加した学生からは、「OBの方々に直接指導いただけるのは大変貴重な機会。有意義な時間となった」「手を動かしてしまうなどの無意識だったクセを指摘いただいて、自覚が出来て良かった」「学生同士の模擬面談でも、実際に受けてみると準備しなければいけないことが分かった」などの声があがり、就職活動に向けて気を引き締める機会となった1日でした。

 

参加した役員一覧:

    • 鎌田 博文氏 大成建設株式会社 常務執行役員(機械工学科1975年卒)
    • 清水 幹雄氏 日本軽金属ホールディングス株式会社 取締役(金属工学科1975年卒)
    • 吉池 富士夫氏 飯田グループホールディングス株式会社執行役員、元株式会社LIXIL 専務執行役員(金属工学科1976年卒)
    • 浅井 真吾氏 コニカミノルタ株式会社 常務執行役(機械工学第二学科1979年卒)
    • 内山 毅氏 キャノン電子テクノロジー株式会社 代表取締役社長(金属工学科1987年卒)
    • 神野 兼次氏 アペックエンジニアリング株式会社 代表取締役社長(建築工学科 1974年卒)
    • 鈴見 健夫氏 芝浦工業大学校友会 校友会会長(建築学科1970年卒)

お問い合わせ先

芝浦工業大学
キャリアサポート課

豊洲:〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5(豊洲キャンパス 教室棟2階)
大宮:〒337-8570 埼玉県さいたま市見沼区深作307(大宮キャンパス 5号館1階)
芝浦:(求人票の送付は豊洲または大宮キャンパス宛てにお願いします)
TEL:豊洲:03-5859-7440/大宮:048-687-5109/芝浦:03-6722-2620/FAX:豊洲:03-5859-7441/大宮:048-687-5018/芝浦:03-6722-2621
E-mail:career@ow.shibaura-it.ac.jp