【受賞者】河野 壮馬 さん(材料工学専攻1年)

【指導教員】新井 剛 准教授(材料工学科)

【発表題目】[BMPy][Tf2N]を抽出相とした塩酸水溶液中における金属イオンの抽出及び電気化学特性

【発表内容】
日本の金属資源の自給率は低下の一途をたどっている。そのため、資源供給体制確立を目的に、都市鉱山*から金属資源を回収する試みがなされている。そこで、イオン液体を用いた溶媒抽出法*により都市鉱山から金属資源を高効率・高純度で回収する方法を模索している。
都市鉱山からの金属資源の分離回収に関する研究は溶媒抽出法を中心に進められているが、本法には多量の二次廃液が発生するなど、課題が存在する。本研究ではグリーンケミストリー*の観点から、イオン液体を用いた金属資源の分離回収法を提案した。イオン液体は、高イオン伝導性*等を有するため、金属イオンの抽出及び電気化学特性について検討を行った。その結果、金属イオンを抽出したイオン液体に電流を印加*することで、電解析出により金属を回収できる可能性が示された。
今後、更なる試験を行うことで、イオン液体を用いた金属回収プロセスが実プロセスに適応されるように研究を進めていきたい。

*溶媒抽出法・・・固体または液体に適当な溶媒を加え、その溶媒に可溶性の成分を溶かし出す分離法
*都市鉱山・・・廃家電製品等の中に存在する有用な金属資源を鉱山に見立てたもの
*グリーンケミストリー・・・化学物質による環境汚染を防止し、人体や生態系への影響を最小限に抑えること
*高イオン伝導性・・・物質の中を電荷が移動しやすいこと。即ち、電流が流れやすいこと
*電流を印加・・・電流を流すこと