木村 洋介さん(デザイン工学科4年)がNPO法人人間中心設計推進機構 2016年度冬季HCD研究発表会において優秀ポスター賞を受賞しました。

【受賞者】木村 洋介さん(デザイン工学科4年)

【指導教員】吉武 良治 教授(デザイン工学科)

【発表題目】「路上インフラを活用した非言語住所表示の提案」

【発表内容】
訪日外国人のため、電柱などに貼られた数字などの非言語情報をもとに、日本の住所に不慣れな外国人でも目的の建物に確実にたどり着くことができるよう、新しい住所システムに則して住宅街の路地をナンバリングする方法を提案した。
数字や方角を追うことで確実に目的地へたどり着けるというコンセプトのもと、実地調査で抽出した住宅街のパターンに基づき法則を定め、欧米のストリートナンバー制を東京の路地に組み込んだ。3Dモデル上で非言語住所サインを設置し、VR(仮想現実)空間でシステムの有効性を検証した。