高見 弘 教授(電気工学科)がNPO日本スターリングエンジン普及協会より一色尚次賞 奨励賞を受賞しました。

【受賞者】高見 弘 教授(電気工学科)

【発表題目】
芝浦工業大学研究プロジェクト
スターリングエンジンとソーラー発電ハイブリッド電源車

【発表内容】
無電力地域や自然災害被災地で活用できる移動式電力・給湯システムの開発の需要が高まっている。
当プロジェクトでは、ペレット化された木質バイオマス燃料(生物資源)を用いた出力1kWのスターリングエンジン発電機(気体の温度差で発電する発電装置)と600Wのソーラーパネルを小型車両に搭載し、さまざまな場所で電力と温水を供給できる移動式エネルギー基地を開発した。
被災地の避難所などでの使用を想定している。
天気の良い日中はソーラーパネルで発電し、食事など生活に必要な電力を供給できる。余剰電力はバッテリーに蓄電して、夜間や雨天、そして急な大電力消費を必要とするときに備えることができる。夕食の準備どきや雨天時は木質ペレットを燃焼させてスターリングエンジンを運転し、必要な電力を得ることが可能である。特に、スターリングエンジンは1時間程度の運転で45℃・200Lの温水も同時に得られるので、夕食後の食器洗浄やお風呂・シャワーなどに使用できる。また、被災現場ではガレキ撤去のための電動ノコや救命機器などの非常用電源としても使用可能である。
今後は、いろいろな場所でデモンストレーションを実施していきたい。実用化のためには操作を自動化することと、量産体制を確立することが重要である。