八木澤遼さん(機械工学専攻1年)が一般社団法人日本フルードパワーシステム学会・平成28年春季フルードパワーシステム講演会において最優秀講演賞を受賞しました。

【受賞者】八木澤 遼さん(機械工学専攻1年)

【指導教員】伊藤 和寿 教授(機械制御システム学科)

【発表題目】
サクションブースト式エネルギー回生による油圧ショベルの高効率化

【発表内容】
本研究は、油圧ショベルの二酸化炭素排出量の削減に寄与する省エネルギー技術開発のためにシミュレーションおよび検証実機による実験を行い、エネルギー効率を評価することを目的とした。
油圧ショベルのブーム(車体とアームをつなぐ部分)を下げる時に発生するポテンシャルエネルギーを回収し、そのエネルギーをポンプのサクションライン(油を吸込むポート側に接続された配管)に供給することで、ポンプにかかる負荷を減らすことができた。
油圧ショベルには様々な駆動パターンがあるため、今後もさらなる検討を進めていく必要があるが、この研究を地球温暖化防止に役立てたい。