矢田 祐士さん(材料工学専攻2年)が、「日本原子力学会 秋の大会 学生ポスターセッション」において社会的インパクト賞を受賞しました。

【受賞者】矢田 祐士 さん(材料工学専攻2年)

【指導教員】新井 剛 教授(材料工学科)

【発表題目】抽出剤−イオン液体混合相を用いた協同効果を伴う燃料デブリ由来の放射性核種の抽出挙動の基礎研究

【発表内容】冠水工法により、燃料デブリ*を処理する際に、燃料デブリ由来の放射性核種を含む汚染水の発生が想定される。本研究では汚染水の浄化処理を目的とし、抽出剤とイオン液体の混合抽出相を用いた、溶媒抽出法による放射性核種の一括除去に関する検討を行った。
本研究結果より、CMPO、TBP及び[C2mim][Tf2N]の混合抽出相を用いることで、汚染水に含まれることが想定される放射性核種を高効率に回収できる可能性が示唆された。
この研究は基礎研究であるため、研究成果がどの程度役立つものかはまだ不明である。
今後、更なる試験を行うことで、東京電力福島第一原子力発電所の事故処理に貢献していきたい。

*デブリ・・・廃棄物のこと