【受賞者】二井信行准教授(機械工学科)
【受賞日】2016年9月30日

【科学研究費助成事業(科研費)審査委員表彰について】
科学研究費助成事業(科研費)の審査は、第1段審査(書面審査)と第2段審査(合議審査)の2段階で行われています。その審査は学術システム研究センターが検証を行っており、有意義な審査意見を付した審査委員を毎年選び表彰しています。

【受賞理由】
二井准教授は第1段審査の審査委員を務めており、昨年度70件の審査に携わりました。
その審査が有意義であると認められ、この度「有意義な審査意見を付した審査委員」として(独)日本学術振興会から、約5,700名の第1段審査委員の中から受賞対象の268名に選ばれ、表彰されました。