伊藤孝文さん(建設工学専攻2年)が第70回セメント技術大会において優秀講演賞を受賞しました。

【受賞者】伊藤 孝文さん(建設工学専攻2年)

【指導教員】伊代田 岳史 教授(土木工学科)

【発表題目】CA系材料を用いたコンクリートの塩分浸透抵抗性の検討

【発表内容】コンクリート構造物の劣化原因の一つである、塩害対策のために開発された新材料を研究している。新材料(カルシウムアルミネート系材料)のコンクリートへの適用性を検討するため、自分たちでコンクリートを作製し、塩害に対する抵抗性を確認する試験を行なった。
その結果、セメントの種類ごとに性能の向上能力が異なることが確認できた。
まだ開発途中の新しい材料なので様々な検討が必要だが、今後は分析を重ねることで性能差の原因解明し、将来的には港湾などの塩害環境でも高耐久性を維持できるコンクリートの開発に役立てたい。