体育会陸上競技部が箱根駅伝予選会で自己ベスト31位を記録しました

本日10月15日、第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会が、陸上自衛隊立川駐屯地、国営昭和記念公園で開催され、体育会陸上競技部駅伝ブロックが5年連続5回目の出場を果たし、出場全50チーム中、過去最高タイとなる31位の結果を残しました。

晴天で気温が高くなった天候の中、芝浦工大の出場した12人の選手は、全員が完走。出場選手中8人が自己新記録を更新するなど、力走を見せました。また全体としても昨年を3分2秒上回り、11時間3分58秒というチーム最高記録を出しました。

会場には、教職員や学生、卒業生、父母のほか、数多くの留学生が駆けつけ、全学を挙げての応援で盛り上がりました。

駅伝ブロック主将の矢澤健太さん(土木工学科3年)は、「皆さんのおかげで、走りきれました。晴天の中走れたこと、このチームの中で走れたことが幸せです。一つのことに皆で取り組めたことは人生にとって貴重な経験となりました。ありがとうございました」と今回の大会を振り返りました。

忙しい学業と両立しつつ、1月から「限界突破~継続を力に」というチームスローガンを掲げ、この8ヶ月間苦しいチームトレーニングを続けてきました。その結果、トップの選手は、芝浦工大個人最高記録にあと9秒に迫るタイムを出すなど、メンバーは皆、日々の練習の成果を大いに発揮して最後まで走りきりました。「連続出場5年目の年でチャレンジの年。勝負する走りを見せてくれました」と味澤善朗監督は選手たちを讃えました。

この5年で積み重ねた経験を生かし、来年のさらなる飛躍に期待がかかる体育会陸上競技部駅伝ブロック。五十嵐久也理事長は部員一人一人に労いの言葉とエールを送りました。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp