神野 優さん(電気電子情報工学専攻2年)がThe 9th Lighting Conference of CHINA, JAPAN and KOREA(第9回 日中韓照明カンファレンス)において優秀発表賞を受賞しました。

【受賞者】神野 優さん(電気電子情報工学専攻2年)

【指導教員】入倉 隆 教授(電気工学科)

【発表題目】Effective Visual Field in Transition Stage of Eye Adaptation(順応過渡過程における有効視野)

【発表内容】明るい環境から急に暗い環境となったとき、人の目は暗さに目を慣らすための順応を行う。
本研究ではその状態における有効視野(対象物を周辺のものと識別することができる視野範囲)の時間的変化、視対象の色の違いによる影響について明らかにすることを目的とした。被験者にディスプレイを見てもらい、画面に一瞬だけ出現するターゲットの位置を回答してもらう実験により測定を行った。実験の結果、ターゲットの色(白、青、赤)によって視野範囲の回復過程が変化することを明らかにした。特に白色ターゲットにおける有効視野の時間的変化が大きかった。
LEDの浸透によって、照明の世界的な普及が進み、現代人は今まで以上に光にあふれた生活を送っている。その反面、光環境の急変は視野の欠落につながり、事故や怪我を起こす可能性がある。本研究はこれらの事故や怪我を未然に防ぐため、屋内を中心とした光環境設計の知見に寄与できればと考えている。