8月5日・6日、大宮キャンパスと豊洲キャンパス図書館にて、浴衣着付け体験を行いました。
日本文化紹介・学生交流の場として昨年度から実現した企画です。
留学生から“浴衣を着て出かけたい”との声があり、今年は地域の夏祭りにあわせて開催しました。

大宮夏まつり第20回東大宮サマーフェスティバルでは、文化会「ロボット遊交部からくり」による的当てゲームや相撲ロボット対戦の出展がありました。学生プロジェクト「COLOR MY TOWN」は、竹を使ったイルミネーションの展示や、うちわに夜光塗料で絵を描いてもらうワークショップを実施しました。留学生もさまざまなブースを訪れ、浴衣体験と夏祭りを楽しむことができました。

参加した留学生からも好評だった本イベントは、学生プロジェクトの「International Communication Project(ICP)」と図書館スタッフの学生が中心となって企画したもので、学生や地域の方と交流を深める貴重な機会となりました。芝浦工業大学では、日本人学生と外国人留学生がお互いの文化を知って交流を深める機会を支援し、より良い環境作りを目指します。