芝浦工業大学では、担当科目の授業運営あるいは教育改善活動において優れた実績を挙げ、学生に大きな刺激を与えた教員を「優秀教育教員」として毎年顕彰しています。
4月4日に、大宮キャンパスで実施された2016年度FD・SD講演会の中で表彰式が行われ、2015年度の優秀教育教員が顕彰されました。
村上雅人学長から一人一人に賞状が手渡されたのち、受賞者による取り組み内容の紹介がありました。効果的な教育成果を挙げた、いわばベストプラクティスを多くの教職員が共有し、今年度のさらなる充実した教育を期す機会となりました。

2015年度の受賞者と取り組み名は以下の通りです。
 

工学部

●赤津観、下村昭二、藤田吾郎、安藤吉伸、吉見卓、長谷川忠大、水川真(電気工学科)
佐々木昌浩(電子工学科)、福田浩章(情報工学科)、佐々木毅(デザイン工学部 デザイン工学科)
「海外大学(ベトナムHUSTおよび台湾NTUST)との連携によるグローバルPBL活動の実施」
●神澤雄智、森野博章(通信工学科) 「新入生オリエンテーションにおける『手旗信号による情報伝達』の開発」
●福田浩章(情報工学科) 「実戦力育成とグローバル化を促進するソフトウェア開発PBLの実施」
●中村広幸、任龍在、河野純大、吉本浩二、岡本明(工学部共通学群人文社会科目)
「グローバルな課題に対し、障がい当事者を交えたPBLやアクティブラーニングを組み込んだユニークな授業の実施」

システム理工学部

●澤田英行(環境システム学科) 「『住居環境デザイン』におけるアクティブラーニングの取り組み」
●赤木亮太、山本紳一郎(生命科学科) 「システム理工学部の体育実技科目(ゴルフ)を通じた社会人基礎力習得への試み」

デザイン工学部

●櫻木新(デザイン工学科)、安藤香織(教育イノベーション推進センター) 「正課外の学習支援を中心とするデザイン工学部英語科目の運営」

村上学長から一人一人に賞状が手渡された
村上学長から一人一人に賞状が手渡された
優れた取り組みを教職員で共有
優れた取り組みを教職員で共有

お問い合わせ先

芝浦工業大学
豊洲学事部
学事課

〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5
TEL:03-5859-7340/FAX:03-5859-7341
E-mail:tgakuji@ow.shibaura-it.ac.jp